艇友倶楽部

艇友倶楽部>「ていゆうニュース」>販売価格についての考え

販売価格についての考え

当社は専門紙「ていゆうニュース」の販売価格を、原則としてオープンプライスとしております。

専門紙や予想紙の価格は、地域やレース場によって異なります。当社は西日本を中心に複数のボートレース場、場外発売場でお取り扱いいただいておりますが、取引関係や地域性など諸事情によって価格を統一することが困難であるため、オープンプライスという価格形態を採らせていただいております。

労力やコストが同じであるはずのものが、市場によって違う価格になることは矛盾している、とのご指摘に異論はありません。各市場における諸事情をかんがみたうえで、まごころをもって価格設定させていただいております。

※専門紙と予想紙の違いとは?

競艇草創期には一様に「予想紙」とされていましたが、時代を経るにしたがい、より専門性の高いデータを掲載する方向で変遷してきた発行業者が、やがて自社商品を「専門紙」と称するようになりました。

現在では、「専門紙」の定義は「全国競艇専門紙出版協会」に所属する企業による発行物であることが原則となっております。

同時に、「全国競艇専門紙記者クラブ」に加入している記者による取材が前提となります。加入記者にはモーターボート競走会より記者証が交付され、これが取材許可証ともなっております。

なお、モーターボート競走会の定める取材者は、ほかに「日刊紙(スポーツ紙各社)」「業界紙(関連雑誌や関連紙)」「JLC」に分類されます。つまり、「専門紙」とは専門紙業者が私称しているだけでなく、業界中央組織より定義された称号でもあります。